お医者さんを目指す人へ、医学部予備校という提案

聴診器を持つ看護師

大学入試に向けて

案内する看護師

医学部予備校へ行くということは、「医学部」を射程に入れ、大学入試をパスして合格を目指す大学をピンポイントで決めるということ。そのために必要な知識と技量を、たくわえることが出来ます。

» 詳細を確認する

行きたい大学

カルテを確認する先生

医学部予備校へ行く前に決めるべきこと、それは予備校を出たあとでどこへ行くかということ。「合格を目指す大学はどこなのか?」選ぶべき予備校も、ここから決まってくるのです。

» 詳細を確認する

勉強のシステム

ハートを持つ先生

世の中にはたくさんの医学部予備校があり、学校で採用している「勉強のシステム」はいくつかの種類に分けることが出来ます。どのシステム、スタイルが自分に合っているかを見きわめましょう。

» 詳細を確認する

入学の前に

勉強する女性

大学入学の前に医学部予備校に入学する必要があり、その入学の前には「やるべきこと」がいくつかあります。「どの予備校に行くのか」これが後の人生を決めることだってあるのですから、大切なことです。

» 詳細を確認する

なりたい人になる

看護師の女性

お医者さんになること

子どもに「将来、やりたい仕事は何ですかー?」と聞いて、アニメキャラの名前が出てくるのは小学校低学年くらいまで。
それよりちょっと上になってくると、歌手とかお花屋さんとか野球選手とかがチラホラ出てきて、「お医者さん」というのも聞かれるようになります。
何と言っても、お医者さんはテレビドラマやマンガで見てもヒーローだし、たとえ黒ずくめでちょっとコワい顔をして、法外な治療費を吹っかけるようなキャラであったとしても、フタを開けてみればアツい正義の味方だったという場合があるわけです。
男の子たち、そしてもちろん女の子たちも、フィクションの世界で、あるいは小さい頃から具合がわるいときに優しく診てくれたお医者さんの姿に憧れ、「将来の夢」に挙げるようになるわけです。

とはいえ、もちろん、お医者さんになるということは言葉で言うほど簡単なことではありません。どんな職業でもそうですが、お医者さんになるためには、「そのための道」を歩んでいかなければならないのです。
特にお医者さんはその職業の重大さから、「必ず行かなければならないところ」があります。大学です。

医学部をめぐって

お医者さんになるための準備、それを始めるべき、例えば年齢などが特に決まっているわけではありません。何にせよ、勉強を始めるということについては、早すぎるということはないわけです。
ただ、社会的に見れば、その準備が始まるのは高校生の頃、ということになるでしょうか。卒業後の進路に「進学」を選び、大学の医学部や医科大学といった具体的なものをイメージしなければいけません。

日本の医師に関する制度をどんなふうにして読んでみても、医科大学や医学部といったステップを経ずにゴールに至ることは不可能です。
お医者さんになるためには、専門の知識と技術を学ぶ学部、大学で6年間みっちり学ばなければならないのです。そして、その上で「国家試験」を受け、合格したところで初めて医師免許を手にすることが出来ます。

そういうわけで、お医者さんになるための道の上にあるいちばん重要な部分が、「医学部入学」であることは明らかでしょう。
医学部予備校は、まさしくそのために存在している学校なのです。